呉呉も(読み)クレグレモ

デジタル大辞泉の解説

くれぐれ‐も【呉も】

[副]
何度も心をこめて依頼・懇願したり、忠告したりするさま。「呉呉もお大事に」
何度考えても。かえすがえす。
「―嬉しきものにかの時の訓戒を記して」〈露伴・いさなとり〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くれぐれも【呉呉も】

( 副 )
くれぐれ」に同じ。 「 -憎い女は田川夫人だ/或る女 武郎
何度も繰り返し、真心をこめて願うさま。 「 -お体にお気をつけ下さい」 「 -よろしくお願い申し上げます」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くれぐれ‐も【呉呉も】

〘副〙 (「くれぐれ」を強めた語)
① 真心をこめて繰り返し繰り返し行なうさまを表わす語。
※洒落本・青楼真廓誌(1800)「いつ頃又御出なさりますやら御聞申て来てくれろとお二人のおいらんがくれくれもおっしゃりました」
② 過去のことについて、何度思い返してみても、という意を表わす語。かえすがえすも。
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)三「此芸を持って門彳(かどづけ)をせずと〈略〉呉々(クレグレ)も惜い事だ」
③ (下に依頼や懇願の表現を伴って) 他者に誠心誠意はたらきかけるさまを表わす語。
(イ) 相手に直接言う場合。主に手紙の文章で用いる。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉焼土「くれぐれもおん身御大切に」
(ロ) 人を介して自分の気持を伝えてもらう場合。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「尚々別紙一通は兼頭様一通は西内様へ其許持参呉れ呉れも御礼申し述べらるべく候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android