コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細心 サイシン

デジタル大辞泉の解説

さい‐しん【細心】

[名・形動](スル)
細かいところまで心を配ること。また、そのさま。「細心な(の)注意を払う」「細心に事を運ぶ」
「かく―して組み立てたるを、まことの名作とはいうなり」〈鴎外訳・即興詩人
気が小さいこと。また、そのさま。小心。
「よわよわしい、―らしい、腰のひくそうな、恰好」〈宇野浩二・晴れたり君よ〉
[派生]さいしんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいしん【細心】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
細かな点にまで気を配る・こと(さま)。 「 -の注意を払う」 「 -熟慮」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

細心の関連キーワードゲール ヴァン・ヴェルデビート(音響学用語)アルフォンソ[5世]ナーガラクルターガマ梅ケ谷藤太郎(2代)ゲス・フー・テスト放送倫理基本綱領TOKYO X大砲 万右衛門真壁(建築)ル レクチェ放射線角化症羽黒山 政司堀平太左衛門計器用変成器胆大小心録ブリッジズデリケートスクラップ桂の雛人形

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細心の関連情報