細心(読み)サイシン

デジタル大辞泉の解説

さい‐しん【細心】

[名・形動](スル)
細かいところまで心を配ること。また、そのさま。「細心な(の)注意を払う」「細心に事を運ぶ」
「かく―して組み立てたるを、まことの名作とはいうなり」〈鴎外訳・即興詩人
気が小さいこと。また、そのさま。小心。
「よわよわしい、―らしい、腰のひくそうな、恰好」〈宇野浩二・晴れたり君よ〉
[派生]さいしんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいしん【細心】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
細かな点にまで気を配る・こと(さま)。 「 -の注意を払う」 「 -熟慮」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細心の関連情報