呉呉(読み)クレグレ

デジタル大辞泉の解説

くれ‐ぐれ【呉】

[副]繰り返し繰り返しするさま。念を入れるさま。
「決して素生を明かしてくれるなと―お頼みでしたから」〈鉄腸・花間鶯〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くれぐれ【呉呉】

( 副 )
〔「呉呉」は当て字〕
何度も繰り返すさま。こまごまと念を入れるさま。 「有つる様を-と語りて/長谷寺霊験記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くれ‐ぐれ【呉呉】

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 繰り返し繰り返し行なうさまを表わす語。繰り返しこまごまと。ねんごろに。くれぐれも。
※毎月抄(1219)「先哲のくれぐれ書きおける物にも」
② 他者にはたらきかけるひたすらな気持や行為を表わす語。心をこめて。せつに。よくよく。まちがいなく。くれぐれも。下に依頼や懇願などの意のことばを伴うことが多い。
信長公記(1598)一〇「懇の情け、くれくれ有難し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android