コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍室文勝 にんしつ もんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍室文勝 にんしつ-もんしょう

?-1556 戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。薩摩(さつま)(鹿児島県)福昌寺の天祐宗津(てんゆう-そうしん)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,天文(てんぶん)14年福昌寺の住持となる。日本布教のため鹿児島に上陸したザビエルと親交をむすんだ。弘治(こうじ)2年11月28日死去。俗姓は萩原。諡号(しごう)は仏照大円禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

忍室文勝の関連キーワード戦国時代曹洞

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android