塩竈市(読み)しおがま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩竈〔市〕
しおがま

港名の場合は「塩釜」と書く。宮城県中部,松島湾の支湾塩釜湾にのぞむ市。多賀城市の北に接する。 1941年市制。かつては陸奥の国府多賀城の外港,のちに仙台藩の漁港として発展し,塩竈神社門前町としても栄えた。明治以後は三陸沿岸の漁業基地となり,近年は貿易港の機能をもつ。練り製品,缶詰,冷凍製品,薫製品などの水産加工業が盛ん。松島湾観光の基地でもあり,陸奥一の宮の塩竈神社は海上安全,大漁,安産の神として,参拝者が多い。8月の塩竈みなと祭は有名。塩釜湾沿岸一帯は松島県立自然公園に属する。 JR東北本線が通り,仙石線と国道 45号線によって仙台市および石巻市と連絡する。面積 17.37km2。人口 5万4187(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩竈市の関連情報