コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応永条約 おうえいじょうやく

2件 の用語解説(応永条約の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おうえいじょうやく【応永条約】

1404年(応永11)に,明の成祖永楽帝と日本の将軍足利義満とのあいだにとりきめられた通商貿易に関する条約といわれているもの。この年が明の永楽2年にあたるところから永楽要約ともいわれる。内容は,(1)遣明船は10年に1回の割合で入貢させる,(2)毎回の正副使や乗船乗組の人員は300人以下にする,(3)船数は2隻にする,というものである。中国の《籌海図編(ちゆうかいずへん)》《吾学編》《明史》などに記されているが,歴史事実と照らしあわせてみると,まったく架空の条約といわざるをえない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応永条約
おうえいじょうやく

1404年(応永11)に明(みん)と締結されたといわれる通交貿易条約の名。明の年号をとって永楽要約(えいらくようやく)ともいう。1401年足利義満(あしかがよしみつ)は明に使節を送り、数度の往復ののち明の冊封(さくほう)を受けた。04年に至り明の新帝(永楽帝)は趙居仁(ちょうきょじん)を遣わし、詔書、金印、勘合符(かんごうふ)百道(100通)をもたらした。以後150年間の対明勘合貿易がここに始まった。このとき、遣明船は10年に1回の入貢とする、人員は200人、船は2隻に制限する、軍器は不携帯とする、これに反したものは寇(こう)とみなすという約を結んだという。これが応永条約である。しかしこのころは日明間の往来がもっとも盛んに行われており、条約と実態との乖離(かいり)が甚だしいため、条約そのものが架空であり、16世紀の日明間の不信に基づく誤想であると考えられている。『明史(みんし)』などの記事は鄭若曽(ていじゃくそ)編『籌海図編(ちゅうかいずへん)』の引き写しであり、架空説を覆す史料は見当たらない。[田中博美]
『小葉田淳著『中世日支通交貿易史の研究』(1941・刀江書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応永条約の関連キーワード永楽妙全永楽銭永楽大典永楽帝性理大全明十三陵成祖永楽焼道順(2)武寧王(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone