コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応用地質 おうようちしつ

2件 の用語解説(応用地質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応用地質
おうようちしつ

地質調査会社。 1957年設立。業界トップ公共事業関連の受注比率が高い。阪神・淡路大震災後は特に復興・防災関連で引合いが多い。地震観測網整備計画にも入札。さらに石油探査計測機器の販売およびコンサルタント部門も国内外で好調。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

応用地質

正式社名「応用地質株式会社」。英文社名「OYO Corporation」。サービス業。昭和32年(1957)「株式会社応用地質調査事務所」設立。同60年(1985)現在の社名に変更。本社は東京都千代田区神田美土代町。地質調査会社。地質調査・設計・工事・環境リスク分析などを手がける業界最大手。石油探査用機器など計測機器の製造・販売も行う。東京証券取引所第1部上場。証券コード9755。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応用地質の関連キーワード兼松エヌエス環境川崎地質AiHOカツロンケーエスケーしんわニュージェックエトーマルホ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

応用地質の関連情報