コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念仏往生 ネンブツオウジョウ

デジタル大辞泉の解説

ねんぶつ‐おうじょう〔‐ワウジヤウ〕【念仏往生】

仏語。一心に阿弥陀仏を念じ、または名号(みょうごう)を唱えて、極楽に往生すること。→諸行往生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねんぶつおうじょう【念仏往生】

( 名 ) スル
阿弥陀仏の名号を唱えて、その救いによって極楽浄土に生まれること。 → 諸行往生

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

念仏往生の関連キーワード一念義・多念義須磨都源平躑躅高野山往生伝融通念仏宗豊明絵草紙祇王・祇女二人比丘尼三部仮名鈔義海(2)第十八願往生講式教行信証島地黙雷御座す天台宗浄土宗往生伝しっぱ鎮西派顕真

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android