コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怡土 いと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

怡土
いと

福岡県北西部の故地。1955年前原町(現糸島市)に編入された怡土村をさすこともあり,あるいは 1896年までの怡土郡(糸島市南部)をさすこともある。怡土郡は脊振山地の北側斜面を占め,玄界灘に面し,『魏志倭人伝』では「伊都国」と書かれたところ。弥生式住居跡,丸隈山古墳,高祖神社(たかすじんじゃ),怡土城跡(国指定史跡)など遺跡が多く,古代の条里制の遺構も現存。付近は玄海国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

怡土の関連キーワード福岡県糸島市高来寺福岡県糸島市高祖福岡県糸島市大門志登支石墓群福岡県糸島市楢崎多吉郎前原〈市〉前原[市]糸島[市]糸島(市)佐伯今毛人建部牛麻呂刀伊の入寇藤原能盛三雲遺跡原田種直寺沢広高吉備真備原田隆種糸島半島

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怡土の関連情報