コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒助法親王 こうじょほっしんのう

1件 の用語解説(恒助法親王の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

恒助法親王

没年:延慶3.7.24(1310.8.19)
生年:正応4(1291)
鎌倉末期の天台宗寺門派の僧。後深草法皇の皇子。母は参議藤原茂通の娘,別当典侍。円満院門跡を継承するが,それに先立ち兄行覚法親王亀山上皇の皇子性覚法親王の間で紛争があった。早世。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恒助法親王の関連キーワード西園寺実氏持明院統建長康元俊英正嘉宝治今林准后玄輝門院三条局(4)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone