コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒温変態 こうおんへんたいtransformation at constant temperature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恒温変態
こうおんへんたい
transformation at constant temperature

等温変態ともいう。炭素鋼を A3 曲線~ A1 点 (721℃) 以上の温度から一定の温度まで急冷し,ある時間保持すると,一定の時間を経て変態 (結晶格子の変化) が起りはじめ,さらに一定時間後終了する。これを恒温変態といい,変態後の組織は保持する温度によって異なる。この変態の開始,終了の時間を保持温度に対してプロットしたのがTTT曲線で,比較的高温ならば正規の共析組織パーライトになり,中等温度ならばベイナイト,低温ならばマルテンサイトになる。このうちベイナイトは,炭素鋼では 200~500℃の恒温変態によってのみ生じる組織である。炭素鋼以外の合金鋼でも,温度域は異なるがほぼ同様な経過である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恒温変態
こうおんへんたい
isothermal transformation

相変化(物質の状態変化)の一つの形式で、等温変態ともいう。たとえば、鋼を約900℃に加熱すると面心立方晶になる。次に500~300℃の炉に急ぎ移してこの温度に保つと、暫時(潜伏期)を経たのちに変態が始まり、体心立方晶の鉄と炭化物(鉄と炭素の化合物)とが微細に混合した組織になる。この組織はベイナイト組織とよばれ、強さと靭性(じんせい)に優れている。[西沢泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

恒温変態の関連キーワード加工熱処理相変化

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android