コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コン

世界大百科事典 第2版の解説

ハン【恨 han】

朝鮮語で,発散できず,内にこもってしこりをなす情緒の状態をさす語。怨恨,痛恨,悔恨などの意味も含まれるが,日常的な言葉としては悲哀とも重なる。挫折した感受性,社会的抑圧により閉ざされ沈殿した情緒の状態がつづくかぎり,恨は持続する。長い受難の歴史を通じてつねに貧しく,抑圧されて生きてきた民衆の胸の底にこもる恨は,おのずから彼らの行動を左右する要因としてはたらき,抵抗意識を生みだすようになる。韓国では植民地時代から解放後の〈外勢〉と〈独裁〉のもとで,恨は民族の〈恨〉として強く意識化されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハン【恨】

〔朝鮮語〕
植民地時代の抑圧の中で、朝鮮の民衆の中に蓄積されてきた痛恨・悲哀・怒りなどの感情。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

恨の関連キーワード打ち掛かる・打ち懸かる・打ち掛る・打ち懸る恨み・怨み・憾み飛び立つばかり勧善懲悪覗機関お妻・八郎兵衛お妻八郎兵衛うらみのすけハン(恨)桜鍔恨鮫鞘歌川 国松始め終わり恨みを飲む死出三途思し消つ御身拭い仮名草子故無い藻塩草立て所恨の介

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恨の関連情報