コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵岳(2) えがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恵岳(2) えがく

1760-1827 江戸時代中期-後期の僧,歌人。
宝暦10年生まれ。京都の浄土宗常楽寺の住職。僧で歌人澄月(ちょうげつ)に,澄月没後は香川景樹(かげき)(桂園)にまなぶ。桂門十哲のひとり。徳大寺公迪(きんなり)家の歌会などにくわわる。文政10年死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

恵岳(2)の関連キーワードハモンドハモンドジョン・L.L.B. ハモンド山県周南ミッチェルアシュトン(Thomas Southcliffe Ashton)ジョージ(3世)鈴木春信前古典派音楽徳川家治

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android