コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵日 えにち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恵日
えにち

生没年不詳。飛鳥時代の医家。雄略天皇の3年に百済(くだら)より渡来したといわれる名医徳来5世の子孫。代々難波薬師(なにわのくすし)の姓を賜って医を業とした。623年(推古天皇31)に15年の留学を終えて隋(ずい)から帰り、654年(白雉5)には遣唐副使として再度大陸に渡っている。その後、難波薬師の同族が増え、医業以外の者も出るようになったため、恵日の子孫の奈良(生没年不詳)らが願い出て、758年(天平宝字2)に許され難波連(むらじ)に改姓した。[宗田 一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

恵日の関連キーワード高知県香南市香我美町山北宅磨派・宅間派・託磨派鏡山(佐賀県)会津(あいづ)華厳宗祖師絵伝佐賀県唐津市鏡三重県津市大門広島はっさく犬上御田鍬磐梯(町)慈雲妙意安藤惟実北条顕時薬師恵日舒明天皇金沢顕時難波奈良神仏分離河辺麻呂円蔵寺