コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悉曇要訣 しったんようけつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悉曇要訣
しったんようけつ

明覚 (めいかく) 著。4巻。康和3 (1101) 年以降成立。問答体で悉曇学を説いた本。当時の類書中,最も水準の高いもので,悉曇学史上,中国のそれの踏襲ではなく,独自の把握によって日本的性格の強いものに変えた点が特色とされる。具体例として日本語を取上げているため,五十音図を載せている点や音便の説明など,当時の日本語の音韻資料としても貴重なものとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しったんようけつ【悉曇要訣】

平安時代の僧,明覚(みようがく)の著。4巻。1101年(康和3)以後成立。悉曇学の知識を問答体によって詳説した,当時のこの学の最高水準を示す著である。豊富な文献の引用は,著者の博識を見るに足り,所説もまた,中世以後の悉曇の書にいちじるしい神秘幽暗の色をもたない。しかし,本書が今日注意されるのは,悉曇を説くにあたり,いろいろと日本語の例を傍証としてあげている点にかかる。すなわち,著者は,すぐれた学者的資質をそなえ,鋭い観察眼をもっていて,そのたまたま書き残した日本語に関する記述が,今日では,古代日本語の一面を明らかにする貴重な資料となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しったんようけつ【悉曇要訣】

悉曇研究書。四巻。明覚みようがく著。1101年以後成立。梵語・中国語の音韻を研究し、あわせて、日本語の諸現象にも言及。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

悉曇要訣の関連キーワード梵語

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android