コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悉曇要訣 しったんようけつ

3件 の用語解説(悉曇要訣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悉曇要訣
しったんようけつ

明覚 (めいかく) 著。4巻。康和3 (1101) 年以降成立。問答体で悉曇学を説いた本。当時の類書中,最も水準の高いもので,悉曇学史上,中国のそれの踏襲ではなく,独自の把握によって日本的性格の強いものに変えた点が特色とされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しったんようけつ【悉曇要訣】

平安時代の僧,明覚(みようがく)の著。4巻。1101年(康和3)以後成立。悉曇学の知識を問答体によって詳説した,当時のこの学の最高水準を示す著である。豊富な文献の引用は,著者の博識を見るに足り,所説もまた,中世以後の悉曇の書にいちじるしい神秘幽暗の色をもたない。しかし,本書が今日注意されるのは,悉曇を説くにあたり,いろいろと日本語の例を傍証としてあげている点にかかる。すなわち,著者は,すぐれた学者的資質をそなえ,鋭い観察眼をもっていて,そのたまたま書き残した日本語に関する記述が,今日では,古代日本語の一面を明らかにする貴重な資料となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しったんようけつ【悉曇要訣】

悉曇研究書。四巻。明覚みようがく著。1101年以後成立。梵語・中国語の音韻を研究し、あわせて、日本語の諸現象にも言及。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悉曇要訣の関連キーワード悉曇蔵明覚王朝文学定額僧平安時代文学本注悉曇学孔生部富世平住世茂呂鼇岳