コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悋気の火の玉

デジタル大辞泉プラスの解説

悋気の火の玉

古典落語の演目のひとつ。「悋気の人魂」とも。八代目桂文楽が得意とした。オチは仕込みオチ。主な登場人物は、幽霊。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんきのひのたま【悋気の火の玉】

落語。原話は桜川慈悲成さくらがわじひなり)の笑話本《延命養談数(えんめいようだんす)》(1833)所収の〈火の玉〉。浅草花川戸の鼻緒(はなお)問屋の旦那が,吉原の遊女を身請けして囲ったと知り,嫉妬心の強い女房は旦那が帰宅しても愛想が悪く,お茶をいれてくれと言うと,〈あたくしがお茶をいれたんじゃうまくないでしょう,ふん〉と言い,食事にしてくれと言うと,〈あたくしのお給仕じゃうまくないでしょう,ふん〉とすねるばかり。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone