コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悋気の火の玉

デジタル大辞泉プラスの解説

悋気の火の玉

古典落語の演目のひとつ。「悋気人魂」とも。八代目桂文楽が得意とした。オチは仕込みオチ。主な登場人物は、幽霊

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんきのひのたま【悋気の火の玉】

落語。原話桜川慈悲成(さくらがわじひなり)の笑話本《延命養談数(えんめいようだんす)》(1833)所収の〈火の玉〉。浅草花川戸の鼻緒(はなお)問屋の旦那が,吉原の遊女を身請けして囲ったと知り,嫉妬心の強い女房は旦那が帰宅しても愛想が悪く,お茶をいれてくれと言うと,〈あたくしがお茶をいれたんじゃうまくないでしょう,ふん〉と言い,食事にしてくれと言うと,〈あたくしのお給仕じゃうまくないでしょう,ふん〉とすねるばかり。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

悋気の火の玉の関連キーワード桂 文楽(8代目)古典落語

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android