コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悠玄亭玉介 ゆうげんてい たますけ

1件 の用語解説(悠玄亭玉介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

悠玄亭玉介 ゆうげんてい-たますけ

1907-1994 昭和-平成時代の幇間(ほうかん)。
明治40年5月11日生まれ。歌舞伎声色(こわいろ),落語家をへて昭和10年桜川玉七の弟子となり,桜川玉介の名で幇間に転向。戦後悠玄亭と改名。数すくない幇間のひとりとして活躍,座敷芸などは至芸といわれた。平成6年5月4日死去。86歳。東京出身。本名は直井巌。
【格言など】倒されし竹はいつしか立ち直り,倒せし雪はいつしか消えてなくなる(日頃,口にしたことば)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

悠玄亭玉介の関連キーワード鰻の幇間王子の幇間粗忽の幇間羽織の幇間誉れの幇間国松登桜川甚好桜川善平(3代)松廼家露八村田半兵衛

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

悠玄亭玉介の関連情報