コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲しぶ/哀しぶ/愛しぶ カナシブ

1件 の用語解説(悲しぶ/哀しぶ/愛しぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かなし・ぶ【悲しぶ/哀しぶ/愛しぶ】

[動バ四]
悲しむ1」に同じ。
「法顕(ほっけん)三蔵の、天竺(てんぢく)に渡りて、故郷の扇を見ては―・び」〈徒然・八四〉
悲しむ2」に同じ。
「霞をあはれび、露を―・ぶ心」〈古今・仮名序〉
[動バ上二]《上代語》「悲しむ1」に同じ。
「今日だにも言問(ことど)ひせむと惜しみつつ―・びませば」〈・四四〇八〉
[補説]この例「可奈之備」と表記。「備」は上代特殊仮名遣いで乙類の仮名であり、連用形語尾が、四段活用の場合は甲類、上二段活用の場合は乙類という事実があるので、これは上二段活用と推定される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone