コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲しむ/哀しむ/愛しむ カナシム

デジタル大辞泉の解説

かなし・む【悲しむ/哀しむ/愛しむ】

[動マ五(四)]
心が痛む思いだ。悲しく思う。また、なげかわしく思う。「別れを―・む」「道徳心の低下を―・む」⇔喜ぶ
(愛しむ)いとしいと思う。愛する。
「端正(たんじゃう)美麗なる男子を産めば、父母これを―・み愛して」〈今昔・二六・五〉
(愛しむ)深く感動する。
「国王、これを見給ひて、―・み貴びて」〈今昔・九・一〉
嘆願する。
「手をすり―・めども」〈宇治拾遺・一〇〉
[可能]かなしめる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

悲しむ/哀しむ/愛しむの関連キーワード兎死すれば狐これを悲しむ悲しび・哀しび涙に暮れる恨み侘ぶ涙に沈む嘆きの色思ひ侘ぶ悲憤慷慨哀毀骨立修飾語悲しぶ愁嘆場哀傷歌結句でピエタ泣入る愁意吟嘯戚戚泣血

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android