悽(漢字)

普及版 字通「悽(漢字)」の解説


11画

[字音] セイ
[字訓] いたむ・かなしむ・すさまじい

[説文解字]

[字形] 形声
声符は妻(さい)。〔説文〕十下に「痛むなり」とあり、悲痛哀傷の意。淒は雲の起こる意であるが、通用することがある。

[訓義]
1. いたむ、かなしむ。
2. うらむ、あわれむ。
3. 淒と通じ、すさまじい。
4. 凄と通じ、さむい。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕悽 イタム・ウラム・アハレブ・カナシブ・サムシ

[語系]
悽・淒・凄tsyeiは同声。みな声義に通ずるところがある。

[熟語]
悽婉・悽歌悽懐悽其悽欷悽惶悽惨・悽悽如・悽傷悽戚・悽切・悽絶・悽然・悽楚悽愴悽惻・悽断悽悼悽憫悽惘・悽涙悽戻・悽・悽
[下接語]
含悽・惨悽・悽・惻悽

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android