コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報誌 ジョウホウシ

3件 の用語解説(情報誌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうほう‐し〔ジヤウホウ‐〕【情報誌】

各種の情報を掲載した雑誌。分野を限定して情報を集めたものが多い。「住宅情報誌」「就職情報誌」「音楽情報誌

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうほうし【情報誌】

各種の情報を列記した雑誌。映画・演劇・音楽・展覧会・競技会などの各種イベント情報や職業・住宅情報など、多くは分野別に編集・発行される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

情報誌

映画や演劇,コンサート,展覧会を始めとする各種の催し物,本,テレビ番組やゲームレストラン,旅行など,娯楽や趣味を中心としたトピックに関する最新の情報を若干の評価を交えて掲載する逐次刊行物ジャンル別,地域別,日時順などに排列され,探索しやすいような工夫がなされている.1972(昭和47)年創刊の『ぴあ』(1972-2011)以来,さまざまな情報誌が刊行されてきているが,客観的,公平を標榜している点に着目すれば,日本固有の形態の雑誌といえる.特定の地域についての網羅的な案内を中心としたタウン誌は,情報誌的な性格が強い.企業の求人,不動産の賃貸や販売の情報を収録したものも情報誌と呼ばれる

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報誌の関連キーワードPICS情報伝達機能マーケティング・リサーチ気象通報限定版情報通通史マス・マガジンニュースレター復学支援

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

情報誌の関連情報