コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報誌 ジョウホウシ

デジタル大辞泉の解説

じょうほう‐し〔ジヤウホウ‐〕【情報誌】

各種の情報を掲載した雑誌分野を限定して情報を集めたものが多い。「住宅情報誌」「就職情報誌」「音楽情報誌

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうほうし【情報誌】

各種の情報を列記した雑誌。映画・演劇・音楽・展覧会・競技会などの各種イベント情報や職業・住宅情報など、多くは分野別に編集・発行される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

情報誌

映画や演劇,コンサート,展覧会を始めとする各種の催し物,本,テレビ番組やゲーム,レストラン,旅行など,娯楽や趣味を中心としたトピックに関する最新の情報を若干の評価を交えて掲載する逐次刊行物.ジャンル別,地域別,日時順などに排列され,探索しやすいような工夫がなされている.1972(昭和47)年創刊の『ぴあ』(1972-2011)以来,さまざまな情報誌が刊行されてきているが,客観的,公平を標榜している点に着目すれば,日本固有の形態の雑誌といえる.特定の地域についての網羅的な案内を中心としたタウン誌は,情報誌的な性格が強い.企業の求人,不動産の賃貸や販売の情報を収録したものも情報誌と呼ばれる.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

情報誌の関連キーワードCRE SOLUTION ReportITソリューションフロンティアCLASSY.WeddingCINEMA SQUARE日経エンタテインメント!つばきテクニカルレビューナイスビジネスレポート韓国TVドラマガイドDtoD club漢字ワンダーランドEYESCREAMベース・マガジン北海道ウォーカー家具コレクションギター・マガジンapproach横浜ウォーカーザテレビジョンコンプティークエリアマガジン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情報誌の関連情報