惚(漢字)

普及版 字通「惚(漢字)」の解説


人名用漢字 11画

[字音] コツ
[字訓] ほのか・ほれる

[字形] 形声
声符は忽(こつ)。忽は恍惚の状態にあるさまをいう。〔老子、二十一〕に「惟(こ)れ恍、惟れ惚」とあり、道の微妙にして容易に知覚しがたい意。恍惚とは形況の語である。

[訓義]
1. ほのか、かすか、うっとりするさま。
2. 国語で、ほれるとよむ。

[古辞書の訓]
〔字鏡集〕惚 ミダル・ウレフ・オモフ

[熟語]
惚焉・惚惚恍・惚惚
[下接語]
惚・恍惚・慌惚

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android