惨事ストレス(読み)さんじすとれす

知恵蔵miniの解説

惨事ストレス

自衛官や警察・消防の救助隊員など、災害や事故の悲惨な現場で犠牲者の救助や捜索活動に携わった人が強い精神的ストレスを受けること。不眠、強い無力感自責の念に駆られたりするほか、過度な興奮やフラッシュバック現象、感情の麻痺などのPTSD(心的外傷後ストレス障害)症状となって現れる場合もある。1995年の阪神淡路大震災地下鉄サリン事件を契機に知られるようになった。2011年の東日本大震災では、被災地に派遣された消防隊員の9割が何らかの惨事ストレス症状を経験したことが判明しており、総務省消防庁が13年度より全国の消防隊員向けのケア対策に乗り出すとしている。

(2013-1-21)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

惨事ストレス

悲惨な災害・事故現場に立ち会い、職務を果たせなかったと感じたり心的衝撃を受けたりして起こる不眠、気分の落ち込み、フラッシュバックなどのストレス反応。消防隊員や警察官、災害ボランティアらに症状がみられる。消防隊員の惨事ストレスは、阪神大震災のほかに地下鉄サリン事件でも注目された。

(2013-01-21 朝日新聞 朝刊 4社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

さんじストレス【惨事ストレス】

大規模災害や悲惨な事件現場において活動した消防隊員や救急隊員などが、被災者や被害者と同様に心理的衝撃を受け、感情の麻痺まひや睡眠障害などのストレス反応を起こすこと。異常事態ストレス。 CIS 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android