コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意思実現 いしじつげんWillensverwirklichung; Willensäußerung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

意思実現
いしじつげん
Willensverwirklichung; Willensäußerung

一定の効果意思の存在を推断せしめる外部行為。たとえば,書店から売却の申込みとともに送付して来た書物に署名して読みはじめる行為などである。その外部的行為が相手方の認識に達することを要しない点で,黙示意思表示と区別される。申込者の意思表示または取引の慣習により承諾の通知を必要としない場合には,承諾の意思実現があったときに契約は成立する (民法 526条2項) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いし‐じつげん【意思実現】

契約申し込みに対して、承諾通知はせずに、承諾意思があると推断されるような行為を通じて意思表示をすること。推断行為。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いしじつげん【意思実現】

主として私法上、法律効果の発生を欲する意思を外部から推測するに足りる客観的行為。売却する旨の申し込みとともに送られてきた物を消費する行為など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

意思実現の関連キーワード結社の自由法律効果発生

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

意思実現の関連情報