コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚渓右慧 ぐけいうけい

4件 の用語解説(愚渓右慧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愚渓右慧
ぐけいうけい

南北朝時代の画僧。諱は右慧 (右恵〈うえ〉) ,道号は愚渓,庵号は幻庵。余技に水墨画をよくした京都万寿寺鉄舟徳済の弟子で一時期鎌倉に在住。遺品は『釈迦三尊図』『出山釈迦図』,『白衣観音図』 (大和文華館) などの仏画から,『漁樵山水図』,『雨中山水図』 (東京国立博物館) ,『葡萄図』など純然たる水墨画にまで及ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

愚渓右慧【ぐけいゆうえ】

室町初期の画僧。伝歴不明。明人ともいい,義堂周信と親交があり,一時鎌倉寿福寺に住んだとされる。牧谿(もっけい)を学んで山水,人物,祖師像などを描き,初期水墨画家の一人として注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愚渓右慧 ぐけい-ゆうえ

?-? 南北朝時代の画僧。
臨済(りんざい)宗。義堂周信と親交をもち,京都万寿寺の鉄舟徳済の弟子で,一時鎌倉寿福寺の住持であったとされる。牧谿(もっけい)をはじめとする中国元代の禅宗様式画をまなび,日本の初期水墨画に注目される作品をのこした。号は幻庵。作品に「雨中山水図」「白衣観音図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

愚渓右慧

生年:生没年不詳
南北朝の禅僧,画家。幻庵と号す。義堂周信の詩文集『空華集』によれば,京都万寿寺の鉄舟徳済の弟子で鎌倉にも住したとするが,詳しい事跡は不明。中国元代の禅宗絵画の様式にならった10点近くの作品が現存し,初期水墨画人のひとりとして重要な地位を占める。代表作は「白衣観音図」(大和文華館蔵),「出山釈迦図」(個人蔵),梅雪翁賛「葡萄図」(個人蔵)など。<参考文献>『水墨美術大系』5巻

(山下裕二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愚渓右慧の関連キーワード虎関師練鉄舟徳済空華日工集雪隠空華道人愚渓浄慧古剣妙快心華元棣太白真玄無言昌謹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone