コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚渓右慧 ぐけいうけい

4件 の用語解説(愚渓右慧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愚渓右慧
ぐけいうけい

南北朝時代の画僧。諱は右慧 (右恵〈うえ〉) ,道号は愚渓,庵号は幻庵。余技に水墨画をよくした京都万寿寺鉄舟徳済の弟子で一時期鎌倉に在住。遺品は『釈迦三尊図』『出山釈迦図』,『白衣観音図』 (大和文華館) などの仏画から,『漁樵山水図』,『雨中山水図』 (東京国立博物館) ,『葡萄図』など純然たる水墨画にまで及ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

愚渓右慧【ぐけいゆうえ】

室町初期の画僧。伝歴不明。明人ともいい,義堂周信と親交があり,一時鎌倉寿福寺に住んだとされる。牧谿(もっけい)を学んで山水,人物,祖師像などを描き,初期水墨画家の一人として注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愚渓右慧 ぐけい-ゆうえ

?-? 南北朝時代の画僧。
臨済(りんざい)宗。義堂周信と親交をもち,京都万寿寺の鉄舟徳済の弟子で,一時鎌倉寿福寺の住持であったとされる。牧谿(もっけい)をはじめとする中国元代の禅宗様式画をまなび,日本の初期水墨画に注目される作品をのこした。号は幻庵。作品に「雨中山水図」「白衣観音図」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

愚渓右慧

生年:生没年不詳
南北朝の禅僧,画家。幻庵と号す。義堂周信の詩文集『空華集』によれば,京都万寿寺の鉄舟徳済の弟子で鎌倉にも住したとするが,詳しい事跡は不明。中国元代の禅宗絵画の様式にならった10点近くの作品が現存し,初期水墨画人のひとりとして重要な地位を占める。代表作は「白衣観音図」(大和文華館蔵),「出山釈迦図」(個人蔵),梅雪翁賛「葡萄図」(個人蔵)など。<参考文献>『水墨美術大系』5巻

(山下裕二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone