コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良全 りょうぜん

5件 の用語解説(良全の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良全
りょうぜん

南北朝時代の画家。良詮とも書く。出身地は九州と推定され,博多出身の禅僧乾峰士曇 (けんぽうしどん。 1285~1356) と関係が深い。制作の中心は仏画だが今日その水墨画的要素が評価される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良全 りょうぜん

?-? 鎌倉-南北朝時代の画家。
絵仏師系。乾峰士曇(けんぽう-しどん)にしたがい,京都東福寺を中心に水墨仏画をえがく。「仏涅槃(ねはん)図」の款記に嘉暦(かりゃく)3年(1328)とあり活躍期が判明。作品に士曇の賛がある「白衣観音図」「騎獅(きし)文殊図」など。同一人物とみなされてきた可翁仁賀とは別人。名は良詮ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

良全

生年:生没年不詳
鎌倉末から南北朝期の画家。良詮とも書く。かつては水墨画家可翁仁賀と混同されていたが別人である。作品のほとんどが水墨画法を加味した仏画,道釈画であるため,絵仏師系の画家とみられる。伝歴はほとんど判明しないが,「海西人良全筆」という落款から九州出身説がある。また,作品の伝来,賛者から京都東福寺を中心に活躍したと考えられる。近年,福井本覚寺の「仏涅槃図」が発見され,その落款に「海西人良詮之筆嘉暦第三(1328)二月」とあることから,活躍期を示すひとつの指標が与えられた。現存作として東福寺のために描かれた「十六羅漢図」(建仁寺蔵),水墨による乾峰士曇賛「白衣観音図」(妙興寺蔵),乾峰士曇賛「騎獅文殊図」(正木美術館蔵)などがある。<参考文献>赤沢英二「海西人良詮筆仏涅槃図について」(『国華』1045号)

(山下裕二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうぜん【良全】

14世紀中ごろ,東福寺を中心に活躍した絵仏師系の画家。生没年不詳。良詮とも書き,おもに道釈人物画に優れた力量を発揮した。落款に〈海西人〉〈浮萍散人〉とあることから中国からの渡来画人,また九州の画人という説がある。遺品に,乾峰士曇(けんぽうしどん)著賛の《騎獅文殊図》(正木美術館),同じく《白衣観音図》(妙興寺),《十六羅漢図》(建仁寺)などがある。【林 進】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りょうぜん【良全】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
最良であること。欠点の見当たらないこと。また、そのさま。 「暫く船を海浜の一港へ寄せ候ふこそ-の策と存ずるなれ/八十日間世界一周 忠之助

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

良全の関連情報