コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚渓自哲 ぐけい じてつ

1件 の用語解説(愚渓自哲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愚渓自哲 ぐけい-じてつ

1820-1885 江戸後期-明治時代の僧。
文政3年生まれ。臨済(りんざい)宗。阿波(あわ)(徳島県)興源寺の玉澗元寔(ぎょっかん-げんしょく),肥後(熊本県)見性寺の蘇山玄喬らにまなび,玄喬の法をつぐ。安政2年博多聖福寺の住持となった。明治18年8月8日死去。66歳。出雲(いずも)(島根県)出身。俗姓は大谷。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

愚渓自哲の関連キーワード加藤景久国包(13代)近藤梅外坂本秋郷佐藤玄覧佐藤則義清水嘉門昇斎一景関直吉山田宗寿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone