コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感恩講 かんおんこう

世界大百科事典 第2版の解説

かんおんこう【感恩講】

1829年(文政12),秋田藩御用達商人那波三郎右衛門祐生の努力によって生まれた備荒組織のひとつ。財源は藩と慈善の同志の出資によって整えられ,その財産は官にも民にも属さない一種特別の性質を有するものとされた。管理者として年番をおき,窮民救恤(きゆうじゆつ)や保嬰(ほえい)育児を主な事業とした。感恩講の事業は,災害や凶作時だけでなく日常的に展開されており,年番のもとに用掛や下役をおき,救済の必要の有無を調査して救恤を実施した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

感恩講の関連キーワード那波祐生

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感恩講の関連情報