感恩講(読み)かんおんこう

世界大百科事典 第2版の解説

かんおんこう【感恩講】

1829年(文政12),秋田藩御用達商人那波三郎右衛門祐生の努力によって生まれた備荒組織のひとつ。財源慈善同志出資によって整えられ,その財産は官にも民にも属さない一種特別の性質を有するものとされた。管理者として年番をおき,窮民救恤(きゆうじゆつ)や保嬰(ほえい)育児を主な事業とした。感恩講の事業は,災害や凶作時だけでなく日常的に展開されており,年番のもとに用掛や下役をおき,救済の必要の有無を調査して救恤を実施した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんおん‐こう【感恩講】

〘名〙 江戸時代、秋田藩に設けられた私的貧民救済施設。文政一一年(一八二八)、秋田の御用達商人那波三郎右衛門が、基金四百両を献上して知行地の給付をうけ、その収入をもって貧民の救助にあたったのがはじまり。のち、これと同様の施設が土崎、大館、横手などにもでき、明治以降にも引き継がれた。かんのうこう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android