コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈海 じかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈海 じかい

1624-1693 江戸時代前期の僧。
寛永元年生まれ。天台宗。武蔵(むさし)川越(埼玉県)喜多院をへて,江戸寛永寺凌雲院の住持となる。訓点をほどこした経や陀羅尼(だらに)を出版し,慈海本とよばれた。大僧正元禄(げんろく)6年2月16日死去。70歳。江戸出身。俗姓須田。字(あざな)は宋順。著作に「天台四教集解標指鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

慈海の関連キーワード鈴木正三(すずきしょうぞう)小林雲道人颯田本真

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慈海の関連情報