コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慣性運動 かんせいうんどうinertial motion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慣性運動
かんせいうんどう
inertial motion

自転する地球上に存在する物体がある運動量を与えられて動き出すと,絶対静止系から見て等速直線運動である現象が,地球上では円運動に見える。これを慣性運動という。水平運動では円を描く周期はフーコー振子の1/2周期で,これを慣性周期という。周期 ( T ) は緯度 (ψ) によって異なり,T=24/(2 sin ψ) 時で表される。赤道で無限大,緯度 30°で 24時間,極で 12時間となる。円運動の回転する向きは,北半球では時計回り,南半球では反時計回りである。最近,海流の流跡調査のために漂流ブイを人工衛星で追跡する方法が使われているが,しばしば慣性運動が観測される。また水中に係留した流速計でも,慣性周期の変化が見つけられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんせい‐うんどう〔クワンセイ‐〕【慣性運動】

外力が働かない、慣性の法則に従う運動。静止または等速度運動がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

慣性運動の関連キーワード弾道ミサイル防衛運動(物体)運動の法則法則外力

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android