訓詁学(読み)くんこがく(英語表記)Xun-gu-xue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

訓詁学
くんこがく
Xun-gu-xue

中国古典の文字や章句の意味を解釈する学問。『爾雅』や『説文解字』に始り,後の馬融 (ばゆう) ,鄭玄 (じょうげん) らが代表的者で,書に注釈をつけた。その後も経典注疏学として行われ,清朝考証学源流をなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くんこ‐がく【訓×詁学】

古典の字句の注釈や解釈を主とする学問。
中国の代に、経(けい)書の字義を研究した学問。漢代に盛行し、唐代に大成された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

訓詁学【くんこがく】

中国で漢字の意味を研究する学問。《詩経》など多くの古典の漢字には通用以外の用い方や意味の付加があり,それを研究することによって,経典を正確に理解しようとする。漢のころに五経の文字を19種に分けた《爾雅》に始まり,後漢の許慎の《説文解字》,北魏の張揖(ちょうゆう)の《広雅》を経て,清朝のとき戴震,段玉裁,王念孫らによって盛んになった。→小学
→関連項目経学五経博士儒教宋学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くんこがく【訓詁学 Xùn gǔ xué】

(1)文字どおりには,訓詁すなわち文字の意味を明らかにすることを目的とする中国の学問の一分科ということだが,後述するように特別のニュアンスをもっていわれることもある。文字の意味を明らかにするといっても,ある漢字の意味を,他の漢字に置き換えるという形で説明することが多く,日本でいう漢字の〈(くん)〉と根本は同じことである。しかし,内包,外延すべてまったく同じことばが,一言語の中に二つ以上存在するはずはないから,置き換え方式による意味の説明には当然有効性に限度があり,多くの場合それは,この文脈ではA字をB字に置き換えても,それを含む表現の全体が伝えようとするものに大差が出ないという程度のものであるにすぎない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

訓詁学
くんこがく

中国の古典解釈の学問。訓詁(訓故・故訓とも)は、古言を今語(きんご)で訓釈する意で、秦漢(しんかん)期に文献の形で定着した古代典籍に、内容解釈の目的で施された注釈とその方法をさす。

 経学(けいがく)(経書解釈学)の発展に伴い、字句の意味を研究する学問が栄え、『爾雅(じが)』『方言』『説文(せつもん)解字』などがその先駆的業績であり、後漢(ごかん)から隋(ずい)唐にわたる集解(しっかい)・音義(おんぎ)・義疏(ぎしょ)と称される注釈群の膨大な集積が、『経典釈文(しゃくもん)』『五経(ごきょう)正義』や正史・諸子の注釈類や『文選(もんぜん)』の注などの形で伝存している。

 宋(そう)代以降は、字音研究が発達し、漢字の3要素(形・音・義)が自覚的に究明され、清(しん)代小学(古代言語学)では段玉裁(だんぎょくさい)・王念孫(ねんそん)や揚州(ようしゅう)学派によって、字音と字義の相関関係が追究されて、朱駿声(しゅしゅんせい)の『説文通訓定声(ていせい)』にその成果が総合され、『経籍籑詁(けいせきせんこ)』とあわせて漢語意味論に影響を与えた。漢語に固有の同音仮借・双声畳韻(じょういん)・陰陽対転・連文(複合語)の諸現象を論究するために、いまなお不可欠の分野となっている。

[戸川芳郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くんこ‐がく【訓詁学】

〘名〙
① 中国、漢・唐の時代の経学(けいがく)の称。経(けい)の意義を解釈した学問。秦の始皇帝が経典を焼いた後、漢の時代に経書の収集とその訓詁につとめ、唐のころになって大成した。宋・明の時代の理学に対していう。
② 古語の意義を研究、解明することを主とする学問。訓詁注釈の学。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

訓詁学
くんこがく

経書の字句解釈を目的とした儒学の学風
訓詁とは文字の解釈のことで,漢代に古典の字句解釈から始まった。前漢末期の『爾雅 (じが) 』,後漢 (ごかん) の許慎の『説文解字』,および後漢の馬融 (ばゆう) ・鄭玄 (じようげん) の経書への注釈,これを受けついで唐代に大成された『五経正義』などが代表作。この結果,儒学の固定化が起こり,思想的発展はあまり見られなくなったため,代以降にはより哲学的な宋学等が発展した。訓詁学は清代には考証学の一部として復活した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報