コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧雲(1) えうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧雲(1) えうん

1730-1783* 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)15年1月14日生まれ。僧樸(そうぼく)にまなび,郷里の安芸(あき)(広島県)にかえり浄土真宗本願寺派の報専坊をつぐ。独自の講をつくり教えをひろめ,私塾甘露社で大瀛(だいえい),僧叡(そうえい)らをそだてる。宗旨にきびしく,門徒に神棚を撤廃させたので,「神棚おろしの報専坊」とよばれた。天明2年12月22日死去。53歳。字(あざな)は子潤。号は甘露,洞水,東岳。著作に「無量寿経安永録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慧雲(1)の関連キーワード総合年表(アメリカ)徳川吉宗桂川甫三フランクリン(Benjamin Franklin)キャベンディッシュ天明の飢饉江村如圭フレデリック4世クレメンス12世前古典派音楽

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android