コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧雲(1) えうん

1件 の用語解説(慧雲(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧雲(1) えうん

1730-1783* 江戸時代中期の僧。
享保(きょうほう)15年1月14日生まれ。僧樸(そうぼく)にまなび,郷里の安芸(あき)(広島県)にかえり浄土真宗本願寺派の報専坊をつぐ。独自の講をつくり教えをひろめ,私塾甘露社で大瀛(だいえい),僧叡(そうえい)らをそだてる。宗旨にきびしく,門徒に神棚を撤廃させたので,「神棚おろしの報専坊」とよばれた。天明2年12月22日死去。53歳。字(あざな)は子潤。号は甘露,洞水,東岳。著作に「無量寿経安永録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

慧雲(1)の関連キーワード実聞東湖尭州玉水弥兵衛(2代)千柄菊旦長万年徳純柳枝弄幻子