コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶親王奕劻 ケイシンノウエキキョウ

3件 の用語解説(慶親王奕劻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいしんのう‐えききょう〔ケイシンワウエキキヤウ〕【慶親王奕劻】

[1836~1916]中国、朝の皇族・政治家。乾隆帝の曽孫。義和団事件李鴻章(りこうしょう)とともに全権として講和条約を締結。1911年、新内閣制度の初代総理大臣に就任、辛亥(しんがい)革命のため6か月で辞職。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けいしんのうえききょう【慶親王奕劻】

1836~1916) 中国、清の皇族。義和団事件では清国全権として講和条約を締結。のち総理大臣に就任、辛亥しんがい革命で辞職。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慶親王奕
けいしんのうえききょう
(1836―1916)

中国、清(しん)朝の最初にして最後の内閣総理大臣。乾隆帝(けんりゅうてい)の第17子永(えいりん)の第6子綿性の子。1884年以降、総理各国事務衙門(がもん)を管理、94年に慶親王となる。義和団の乱に際し初めはこれを支持したが、八か国連合軍が北京(ペキン)を占領し、対外妥協派が実権を握ると、李鴻章(りこうしょう)とともに講和全権大使となり、各国と北京で辛丑(しんちゅう)和約(北京最終議定書)を締結。1901年以降11年まで、新設された外務部総理となり、また立憲君主制への移行のために設立された督弁政務処の大臣、03年には首席軍機大臣などを務め、11年には新しい内閣官制のもとで総理大臣に任命された。辛亥(しんがい)革命後は天津(てんしん)に引きこもり、16年病没した。[高橋孝助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慶親王奕劻の関連キーワード皇族会議清朝弩爾哈斉貝子貝勒清東陵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone