コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶親王奕劻 ケイシンノウエキキョウ

3件 の用語解説(慶親王奕劻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいしんのう‐えききょう〔ケイシンワウエキキヤウ〕【慶親王奕劻】

[1836~1916]中国、朝の皇族・政治家。乾隆帝の曽孫。義和団事件李鴻章(りこうしょう)とともに全権として講和条約を締結。1911年、新内閣制度の初代総理大臣に就任、辛亥(しんがい)革命のため6か月で辞職。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慶親王奕
けいしんのうえききょう
(1836―1916)

中国、清(しん)朝の最初にして最後の内閣総理大臣。乾隆帝(けんりゅうてい)の第17子永(えいりん)の第6子綿性の子。1884年以降、総理各国事務衙門(がもん)を管理、94年に慶親王となる。義和団の乱に際し初めはこれを支持したが、八か国連合軍が北京(ペキン)を占領し、対外妥協派が実権を握ると、李鴻章(りこうしょう)とともに講和全権大使となり、各国と北京で辛丑(しんちゅう)和約(北京最終議定書)を締結。1901年以降11年まで、新設された外務部総理となり、また立憲君主制への移行のために設立された督弁政務処の大臣、03年には首席軍機大臣などを務め、11年には新しい内閣官制のもとで総理大臣に任命された。辛亥(しんがい)革命後は天津(てんしん)に引きこもり、16年病没した。[高橋孝助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

慶親王奕劻の関連キーワードアロー号ブロッホ歴史小説郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone