コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶親王奕劻 ケイシンノウエキキョウ

大辞林 第三版の解説

けいしんのうえききょう【慶親王奕劻】

1836~1916) 中国、清の皇族。義和団事件では清国全権として講和条約を締結。のち総理大臣に就任、辛亥しんがい革命で辞職。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慶親王奕
けいしんのうえききょう
(1836―1916)

中国、清(しん)朝の最初にして最後の内閣総理大臣。乾隆帝(けんりゅうてい)の第17子永(えいりん)の第6子綿性の子。1884年以降、総理各国事務衙門(がもん)を管理、94年に慶親王となる。義和団の乱に際し初めはこれを支持したが、八か国連合軍が北京(ペキン)を占領し、対外妥協派が実権を握ると、李鴻章(りこうしょう)とともに講和全権大使となり、各国と北京で辛丑(しんちゅう)和約(北京最終議定書)を締結。1901年以降11年まで、新設された外務部総理となり、また立憲君主制への移行のために設立された督弁政務処の大臣、03年には首席軍機大臣などを務め、11年には新しい内閣官制のもとで総理大臣に任命された。辛亥(しんがい)革命後は天津(てんしん)に引きこもり、16年病没した。[高橋孝助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

慶親王奕劻の関連キーワードしんがい李鴻章

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android