コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸仏 かけぼとけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懸仏
かけぼとけ

御正体 (みしょうたい) ともいう。円形板に浮彫の仏像を取付け,上方2ヵ所に釣手環をつけて吊下げるのに便利にしたもの。鋳銅の仏像を取付けたものや鏡に仏像を取付けたものなどもある。仏像は如来像,観音像のほかに梵字種子も用いられている。本地垂迹の関係から祭神の本体として神社にかけたことから御正体の名称が起ったと考えられ,神社に奉納する鏡に仏像を浮彫にしたのが古い形式であるといわれている。藤原時代中頃から制作され,鎌倉時代から室町時代初期には盛行をきわめた。長野県岩殿寺の『銅版製三尊懸仏』 (建長元年銘) はその一例。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かけ‐ぼとけ【懸(け)仏/掛(け)仏】

銅などの円板に仏像を鋳たものを付けたり浮き彫りにしたりしたもの。寺社の堂内に懸けて礼拝した。鎌倉・室町時代に盛行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

懸仏【かけぼとけ】

御正体(みしょうたい)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かけぼとけ【懸仏】

神の依代(よりしろ)として作られた鏡に御正体(みしようたい)としての神像や本地垂迹説による仏像などをあらわしたもので,その形態から鏡面に毛彫,線刻,描画したものを鏡像とよび,鏡面や鏡地板に別製の薄肉または厚肉の神像や仏像をとりつけたものを懸仏とよんでいる。平安時代の御正体の主流は鏡像で,その在銘最古のものとして永延2年(988)銘の線刻阿弥陀五尊鏡像(重文)がある。平安時代後期ごろより薄肉の仏像をとりつけた懸仏が出現し,初期の代表例としては中尊寺円乗院(岩手県)の金銅釈迦如来懸仏(重文)や,最古在銘遺品として保元1年(1156)の銘がある宮嶋神社(島根県)の比丘形懸仏がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

懸仏
かけぼとけ

平安中期の神仏習合信仰から生まれた御正体(みしょうたい)(本地仏)などを表す特殊な形式の像。古くは御正体とよんだ。鏡を神社に奉納するのはごく古く、例も多い。これが寺院にも適用され、その表面に神仏像を毛彫りする鏡像(きょうぞう)が平安時代から始まっている。
 それが転化して、銅、鉄で鏡板から像まで鋳出したり、円形の金属の薄板(四角やその他の形もある)を木板にかぶせ、これに鋳出の像を取り付けるものができた。まれには木板浮彫りのものもある。肩につけた金具を利用して、柱や壁にかけて礼拝した。鎌倉時代から近世初頭にかけての遺品が多数伝えられており、像以外に天蓋(てんがい)、前机、華瓶(けびょう)などまで付したものもある。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の懸仏の言及

【鏡像】より

…技法的には,鋳銅製の鏡面に蹴彫(けりぼり),毛彫,あるいは針書きなどの細い線で図像を表したものが多く,なかには墨書のものもある。鎌倉以降になると必ずしも鏡を用いず,円盤状の銅板に磨きをかけ,表面に線刻を施したものも作られ,これはやがて立体的な打出仏や,鋳造仏を銅板や木の板に取り付けた懸仏(かけぼとけ)へと発展してゆく。描かれた図像としては,金山彦神,水分(みくまり)神,天照大神などの神像を表した神影鏡と呼ばれるもの,十一面観音,蔵王権現,大日如来,釈迦三尊,薬師三尊,地蔵菩薩などの仏像を表したもの,大日,薬師,阿弥陀などを表す梵字を墨書,朱書,あるいは金泥書したものに大別される。…

【神道美術】より

鏡像とか本地仏御正体と呼び,遺品は12世紀ごろから伝わっている。また,鏡面の線刻にとどまらず,レリーフのように半肉彫の仏像をはりつけた鏡もあらわれ,懸仏(かけぼとけ)と呼ばれる。このほか,前代以来の俗体神像が線刻された鏡像もあり,垂迹神の図像も本地仏と同様に鏡に表現された。…

※「懸仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

懸仏の関連情報