コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がいscarp

翻訳|scarp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


がい
scarp

地表の高度が急変する部分の急斜面。高度変化が内的営力によって生じる場合には,断層運動の結果直接つくられる断層崖撓曲運動によってつくられる撓曲崖 (たわみ崖) などがある。外的営力によるものは,おもに浸食崖で,断層線の両側の岩石の硬軟による差別浸食でつくられる断層線崖氷食作用による氷食崖,海食作用による海食崖河食作用による河食崖などがある。段丘崖は海食崖または河食崖に相当。溶岩流の末端に生じる崖もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がい【崖】[漢字項目]

常用漢字] [音]ガイ(漢) [訓]がけ
切り立ったがけ。「懸崖絶崖断崖
[補説]「崕」は異体字

がけ【崖/×厓】

山腹や川岸海岸などの、険しく切り立った所。きりぎし。

まま【崖】

急な傾斜地。がけ。また、堤のくずれた所などもいう。
「足柄(あしがり)の―の小菅(こすげ)の菅枕あぜか巻かさむ児ろせ手枕(たまくら)」〈・三三六九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほき【崖】

山腹などのけわしい所。がけ。 「岩のかどふむ-のかけ道/山家

まま【崖】

傾斜地、崖がけ、土手の崩れた所などの地形をいうか。また、そのような地形の地名。 「足柄あしがりの-の小菅の菅枕あぜかまかさむ児ろせ手枕/万葉集 3369

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

崖の関連キーワード徳島県海部郡美波町山河内福島県西白河郡泉崎村踏瀬静岡県浜松市中区鹿谷町徳島県三好市東祖谷元井大分県臼杵市野津町宮原宅地造成工事規制区域ラデランバナデロ千葉県館山市船形熊本県玉名市青木秋田県湯沢市横堀ホワイトクリフ切り岸・切岸国分寺[市]崖錐角礫岩眉状断層崖死の接吻山本梅屋館山平野知夫赤壁断層海岸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

崖の関連情報