コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

そ【岨】[漢字項目]

[音]ソ(呉) [訓]そば そわ
山が重なって険しい。そば立つ。「険岨(けんそ)

そば【×岨】

《「稜(そば)」と同語源。古くは「そわ」》山の切り立ったけわしい所。がけ、絶壁など。
「ふるはたの―の立木にゐる鳩の友よぶ声のすごき夕暮れ」〈新古今・雑中〉

そわ〔そは〕【×岨】

そば(岨)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そば【岨】

〔近世以前は「そわ」〕
山の崖がけが切りたってけわしいところ。絶壁。

そわ【岨】

そば(岨) 」に同じ。 「山の-よりよせける児玉党/平家 9

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

岨の関連キーワード大井川(静岡県の川)爪上がり・爪上り川根本(町)本川根[町]『夜明け前』大井川鉄道嶮し・険し池田[町]秋田(市)宮子義積今村了庵ソノコム松本山雪太平山地日着き木曽路太平山児玉党小豆島見繕う

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岨の関連情報