コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流石/遉 サスガ

デジタル大辞泉の解説

さすが【流石/×遉】

[形動][文][ナリ]
評判や期待のとおりの事実を確認し、改めて感心するさま。なるほど、たいしたもの。「この難問が解けるとは―だ」
あることを一応は認めながら、一方でそれと相反する感情を抱くさま。あることをそのままは容認できないさま。そうとばかりも言えない。やはりそうもいかない。
「世の中なべて厭(いと)はしうおぼしならるるに、―なること多かり」〈・花散里〉
[副]
あることを認めはするが、特定の条件下では、それと相反する感情を抱くさま。そうは言うものの。それはそうだが、やはり。「味はよいが、これだけ多いと―に飽きる」「非はこちらにあるが、一方的に責められると―に腹が立つ」
予想・期待したことを、事実として納得するさま。また、その事実に改めて感心するさま。なるほど、やはり。「一人暮らしは―に寂しい」「―(は)ベテランだ」
(「さすがの…も」の形で)そのものの価値を認めはするが、特定の条件下では、それを否定するさま。さしもの。「―の名探偵も今度ばかりはお手上げだろう」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

流石/遉の関連キーワード流石・有繋・有繫・遉雪(地歌、箏曲)河内長野[市]羽曳野[市]富田林[市]内田 百閒藤井美加子日和佐裕子白鳥[町]胸を冷やす石塔義房堀井茶渡川村羽積庄美穂子内田百閒田村魚菜稲村優奈勘弁強い小林盆地剣先船

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android