コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢張り ヤハリ

デジタル大辞泉の解説

やはり【矢張り】

[副]
以前と、また他と比べて違いがないさま。やっぱり。「あなたは今も矢張りあの店へ行きますか」「父も矢張り教師をしていた」
予測したとおりになるさま。案の定。やっぱり。「彼は矢張り来なかった」
さまざまに考えてみても、結局は同じ結果になるさま。つまるところ。やっぱり。「随分迷ったが、矢張り行くのはやめにした」「利口なようでも矢張り子供は子供だ」
動かずにいるさま。
「老いたと言ひて、―あたたかにしてゐて」〈史記抄・匈奴伝〉
[補説]「矢張り」は当て字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やはり【矢張り】

( 副 )
〔「矢張り」は当て字〕
以前と同じ状況であるさま。事態が変わらずに続いているさま。依然として。 「今でも-あのまま残っている」
前もってした予想や判断と同様であるさま。また、他の例から類推される状況と現実が同じであるさま。 「 -彼一人が反対だった」 「私も-自動車で行きます」
さまざまないきさつがあって、結局、初めに予測した結論に落ち着くさま。一般的な常識・うわさなどに違わないさま。 「随分気をつけていたが-ミスがある」 「若く見えても-もう年だ」
動かないでじっとしているさま。 「他人を雇うて銭を出して我は-居るを居更と云ふぞ/史記抄 16

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

矢張りの関連キーワード言い開く・言開く当て事先潜り丸ぐち娑婆気欲気同人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android