コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成俊 ジョウシュン

デジタル大辞泉の解説

じょうしゅん〔ジヤウシユン〕【成俊】

南北朝時代の学僧万葉集を研究して、定家仮名遣いの誤りを指摘、歴史的仮名遣いの基礎をつくった。生没年未詳。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成俊 じょうしゅん

?-? 南北朝時代の僧。
南北朝の戦乱をさけて信濃(しなの)(長野県)姨捨(おばすて)山に隠棲(いんせい)。文和(ぶんな)2=正平(しょうへい)8年(1353)「万葉集」の注釈書をあらわし,藤原定家の仮名遣いを批判して,「万葉集」の古代仮名遣いにしたがって和点をつけたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうしゅん【成俊】

南北朝時代の天台宗(園城寺)の学僧。万葉集を書き写し、その識語で定家仮名遣いに対する疑問を提出した。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

成俊の関連キーワードサーチ・エコノミー南北朝時代藤原基範朝鮮舞踊村上蘭皐堀河親俊天台宗金千興園城寺寂印識語

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android