コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定家仮名遣い テイカカナヅカイ

4件 の用語解説(定家仮名遣いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ていか‐かなづかい〔‐かなづかひ〕【定家仮名遣い】

鎌倉時代、藤原定家が平安後期の文献をもとに定めた同音の仮名の使い分け。定家の作と伝えられる「下官集(げかんしゅう)」の「嫌文字集」の条に「い」「ひ」「ゐ」、「え」「へ」「ゑ」、「お」「を」を区別している。そのうち「お」「を」は当時のアクセントの違いに基づく使い分けと推定される。のちに行阿が「仮名文字遣」で「は」「わ」、「ほ」「う」「ふ」「む」を増補して5類14文字の違いを示し、江戸中期まで和歌を作る場合に用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

定家仮名遣い【ていかかなづかい】

藤原定家の《下官集》や,行阿(ぎょうあ)の《仮名文字遣》によって示された仮名遣い。平安中・後期の文献などにより,〈い〉〈ひ〉〈ゐ〉,〈え〉〈ゑ〉〈へ〉,〈を〉〈お〉,〈は〉〈わ〉,〈ふ〉〈う〉等の使い分けを示したもので,〈を〉〈お〉については,アクセントの高低によって定めた。
→関連項目仮名遣い歴史的仮名遣い和字正濫鈔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ていかかなづかい【定家仮名遣い】

藤原定家が平安後期の仮名文献をもとに「お」「を」、「え」「ゑ」「へ」、「い」「ゐ」「ひ」の八つの仮名の使い分けを示したもの。「お」「を」についてはアクセントの高低によって定めたと推定される。定家の作と伝える「下官集」の「嫌文字事」の条に、八つの仮名の用い方が示されている。のち行阿(源知行)が「仮名文字遣」において「ほ」「わ」「は」「む」「う」「ふ」の六字を増補し、江戸中期まで歌人の間で広く用いられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定家仮名遣い
ていかかなづかい

藤原定家によって始められた、区別すべき仮名の正しい使い分けの方法。具体的には、いろは歌の四十七文字を基準として、古文献やアクセントによって仮名の使い分けの規則を定めたものである。江戸時代になって契沖(けいちゅう)による「歴史的仮名遣い」が提唱されるまで、長く平仮名の使い分けの原理として用いられた。[近藤泰弘]
『大野晋著『仮名遣と上代語』(1982・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定家仮名遣いの関連キーワード奥入大宮局空体房如来尼美福門院加賀藤原定親(1)藤原定長(1)藤原定能藤原成家藤原基範

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone