コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我妻碧宇 あづま へきう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

我妻碧宇 あづま-へきう

1904-1970 昭和時代の日本画家。
明治37年3月24日生まれ。大正11年上京して中村岳陵に師事。昭和4年院展で「午後の陽射」が初入選。11年名古屋にうつる。21年の日展第1回展から毎回入選し,26年「秋」で特選,朝倉賞,白寿賞。36年岳陵門と日展をはなれ白士(はくし)会を結成した。昭和45年10月28日死去。66歳。山形県出身。日本美術学校卒。本名は栄之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

我妻碧宇の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android