コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我妻碧宇 あづま へきう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

我妻碧宇 あづま-へきう

1904-1970 昭和時代の日本画家。
明治37年3月24日生まれ。大正11年上京して中村岳陵に師事。昭和4年院展で「午後の陽射」が初入選。11年名古屋にうつる。21年の日展第1回展から毎回入選し,26年「秋」で特選,朝倉賞,白寿賞。36年岳陵門と日展をはなれ白士(はくし)会を結成した。昭和45年10月28日死去。66歳。山形県出身。日本美術学校卒。本名は栄之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

我妻碧宇の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android