コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戴き餅 イタダキモチ

デジタル大辞泉の解説

いただき‐もち【戴き餅】

円く平たくした糝粉(しんこ)をくぼめ、小豆餡(あずきあん)をのせたもの。4月8日の灌仏会(かんぶつえ)に供えた。

いただき‐もちい〔‐もちひ〕【戴き餅】

平安時代、幼児の幸福を願って行う公家儀式。また、そのとき用いる餅。年初の吉日などに、子供の頭に餅を三度触れさせて、前途を祝った。
「正月一日、坎日(かんにち)なりければ若宮の御―のこと停(と)まりぬ」〈紫式部日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いただきもち【戴き餅】

糝粉(しんこ)の餅(もち)を丸く平らに作って中央をくぼませ、あずきのあんをのせたもの。4月8日の灌仏会(かんぶつえ)に供える。

いただきもちい【戴き餅】

平安時代に公家の間で行われていた、幼児の幸福を願って行う儀式。また、これに用いる餅(もち)。正月の三が日などの吉日に、幼児の頭上に餅をあてて前途を祝す一定文言を唱えるなどした。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

戴き餅の関連キーワード平安時代灌仏会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android