コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸塚文卿 とつかぶんけい

3件 の用語解説(戸塚文卿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸塚文卿
とつかぶんけい

[生]1892.3.12. 横須賀
[没]1939.8.17. 東京
カトリック司祭,医学者。洗礼名バンサン・ド・ポール戸塚静海の孫。 1916年東京帝国大学医科大学卒業。 1921年北海道帝国大学助教授のとき,パリのパスツール研究所に留学。滞欧中に進路を変更して 1924年カトリック司祭となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸塚文卿 とつか-ぶんけい

1892-1939 大正-昭和時代前期のカトリック司祭,医師。
明治25年2月11日生まれ。海軍軍医総監戸塚環海の長男。北海道帝大助教授としてパリ留学中,パリ-カトリック大神学部に転じ,大正13年司祭となる。千葉県にナザレト・ハウス(現海上寮療養所),東京に聖ヨハネ医院(現桜町病院)などを開設,医療福祉と結核予防事業につくした。昭和13年日本カトリック新聞社長。昭和14年8月17日死去。48歳。神奈川県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸塚文卿
とつかぶんけい
(1892―1939)

カトリック司祭、医者。海軍軍医総監戸塚環海(かんかい)の長男として神奈川県に生まれる。幕末の代表的蘭方(らんぽう)医静海(せいかい)の孫。東京帝国大学を卒業後、北海道帝国大学医学部助教授としてパリのパスツール研究所に留学中、伝道者になることを決意し、パリ大学神学部に学ぶ。帰国後、1925年(大正14)医療伝道を志して東京の品川に聖ヨハネ汎愛(はんあい)病院を開く。結核療養施設ナザレト・ハウスを創設。また、日本カトリック新聞社社長、雑誌『カトリック』編集長などとして、カトリック言論界にも活躍した。[金井新二]
『『戸塚文卿著作集』全五巻(1964~67・中央出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸塚文卿の関連キーワード宇野伝三近江谷友治大島治喜太小野重行黒田越郎末次梧郎那須弓雄仁木独人三代芳松山田賀一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone