戸村一作(読み)とむら いっさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸村一作 とむら-いっさく

1909-1979 昭和時代後期の社会運動家。
明治42年5月29日生まれ。クリスチャン。昭和41年農民たちの要請により,新東京国際空港建設反対の三里塚・芝山連合空港反対同盟の委員長となり,実力闘争の先頭にたつ。成田市議。昭和54年11月2日がんのため闘争中に死去。70歳。二科会会友で,闘争をテーマにした油絵,彫刻作品がある。千葉県出身。成田中学卒。著作に「小説・三里塚」など。
【格言など】デモは出発したか(病床で意識を失う直前のことば)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戸村一作の関連情報