コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸次庄左衛門 ベツキショウザエモン

デジタル大辞泉の解説

べつき‐しょうざえもん〔‐シヤウザヱモン〕【戸次庄左衛門】

[?~1652]江戸初期の軍学者。姓は別木とも書く。浪人仲間とともに、増上寺での徳川秀忠夫人の法要を機会に挙兵をはかったが、事前に発覚。浅草で磔(はりつけ)に処された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸次庄左衛門 へつぎ-しょうざえもん

?-1652 江戸時代前期の浪人。
承応(じょうおう)元年におきた浪人の反乱計画「承応事件」の首謀者。別木(べっき)庄(荘)左衛門ともかくが,経歴は不明。江戸増上寺での徳川秀忠夫人崇源院(すうげんいん)の二十七回忌を利用,寺に火をつけ香典をうばい老中らを殺し,兵をあげる計画だった。密告で捕らえられ同年9月21日に磔(はりつけ)の刑となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

戸次庄左衛門

没年:承応1.9.21(1652.10.23)
生年:生年不詳
江戸前期の武士。別木庄(荘)左衛門とも書く。元越前(福井県)大野藩士で,200石の禄を取ったが,浪人して江戸に出,芝・札の辻で軍学を講じたという。いわゆる承応事件の首謀者で,承応1(1652)年9月,2代将軍徳川秀忠夫人崇源院の二十七回忌の法要が芝増上寺で行われた際,林戸右衛門,土岐与左衛門らの同志を糾合して江戸の町々に放火し,増上寺を襲撃して香奠の金銀を奪い,参列した老中を暗殺する計画を立てたが,密告者長島刑部左衛門が出て直前に捕らえられ,一味共々磔刑に処せられた。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

べっきしょうざえもん【戸次庄左衛門】

?‐1652(承応1)
江戸前期の浪人騒動である承応事件の主謀者。姓は別木とも書く。通称については,《江戸幕府日記》では庄右衛門。《正慶承明記》によれば松平直富の浪人で軍学者。1652年弟の林戸左衛門,土岐与左衛門,三宅平六らと謀り,増上寺での徳川秀忠夫人(崇源院)の二十七回忌の香典を奪い,駆けつける老中を鉄砲で撃ち,兵を挙げる計画をたてたが,永島刑部左衛門の密告で露見,同年9月21日関係者とともに浅草で磔(はりつけ)になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の戸次庄左衛門の言及

【承応事件】より

…1652年(承応1)9月に発覚した戸次(べつき)庄左衛門(《江戸幕府日記》では庄右衛門)を主謀者とする浪人騒動。慶安事件とともに幕府の浪人対策の転機となった事件。…

※「戸次庄左衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戸次庄左衛門の関連キーワード承応戸次庄左衛門松木荘左衛門ケープ植民地戸次庄左衛門別木庄左衛門デ・ロイテルホイヘンス南アフリカ共和国浅見絅斎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android