戸籍抄本(読み)こせきしょうほん

日本大百科全書(ニッポニカ)「戸籍抄本」の解説

戸籍抄本
こせきしょうほん

戸籍の記載のうち、請求者の指定した一部の者の事項のみを記載したもの。戸籍謄本が戸籍の全部を記載したものであるのに対し、戸籍抄本は、その一部のみが記載されていることが両者の違いである。したがって、戸籍に記載されている全員ではなく、一部の者についての情報のみを取得したいときは、戸籍抄本を取得することとなる。なお、戸籍のコンピュータ化に伴い、戸籍抄本は、正式には、「個人事項証明書」とよばれる。

 2019年(令和1)5月24日に成立した戸籍法の一部を改正する法律では、各種の社会保障手続でマイナンバー制度を利用することにより、戸籍謄抄本の提出を省略することができるとした。また、戸籍の届出における戸籍謄抄本の添付を不要とし、さらに、本籍地以外での戸籍謄抄本の発行を可能とした(2024年運用開始予定)。

[野澤正充 2021年5月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「戸籍抄本」の解説

こせき‐しょうほん ‥セウホン【戸籍抄本】

〘名〙 戸籍の記載のうち、請求者の指定した部分だけを抜いて写した証明文書。
※濹東綺譚(1937)〈永井荷風〉一「戸籍抄本と印鑑証明書とがなかったなら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「戸籍抄本」の解説

戸籍抄本【こせきしょうほん】

戸籍のうち請求者の指定した部分のみを記載したもの。その交付方法は戸籍謄本に同じ。
→関連項目戸籍簿

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「戸籍抄本」の解説

こせき‐しょうほん〔‐セウホン〕【戸籍抄本】

戸籍の記載のうち、請求者の指定した部分だけを抜き写したもの。→戸籍謄本

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵「戸籍抄本」の解説

戸籍抄本

戸籍謄本」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android