戸籍抄本(読み)こせきしょうほん

知恵蔵の解説

戸籍抄本

戸籍謄本」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

こせきしょうほん【戸籍抄本】

戸籍原本に記載された者のうち請求者の指定した者について転写した証明文書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸籍抄本
こせきしょうほん

戸籍の記載のうち、請求者の指定した一部の者の事項のみを記載したもの。戸籍謄本が戸籍の全部を記載したものであるのに対し、戸籍抄本は、その一部のみが記載されていることが両者の違いである。したがって、戸籍に記載されている全員ではなく、一部の者についての情報のみを取得したいときは、戸籍抄本を取得することとなる。なお、戸籍のコンピュータ化に伴い、戸籍抄本は、正式には、「個人事項証明書」とよばれる。[野澤正充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こせき‐しょうほん ‥セウホン【戸籍抄本】

〘名〙 戸籍の記載のうち、請求者の指定した部分だけを抜いて写した証明文書。
※濹東綺譚(1937)〈永井荷風〉一「戸籍抄本と印鑑証明書とがなかったなら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戸籍抄本の関連情報