コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸籍謄本 こせきとうほん

知恵蔵の解説

戸籍謄本

戸籍とは国民各個人の身分関係を公にした公文書で、その原本の全部をそのまま転写したのが戸籍謄本戸籍抄本は請求者の指定した部分だけを転写したもの。交付請求は、本籍地の市区町村長に行う。

(浦野広明 立正大学教授・税理士 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

戸籍謄本【こせきとうほん】

戸籍の全部を写したもの。だれでも手数料を納めて市町村長に対してその交付を請求できる。自己に関するものに限らず,他人に関するものでも請求できる。→戸籍抄本戸籍簿
→関連項目謄本

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こせきとうほん【戸籍謄本】

一戸籍の記載の全部を転写した証明文書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸籍謄本
こせきとうほん

ある人の属する戸籍の全部を写しとったもの。人の身分関係を公に証明する重要な文書であり、だれでも一定の手数料を納めて交付を請求できるのが原則であるが、他方、個人の人権、プライバシーを侵すおそれもあるので、戸籍法では、その交付を請求できる者と場合とについて慎重な配慮を加えている。すなわち、戸籍に記載されている者またはその配偶者、直系尊属・卑属が請求する場合、公務員・弁護士・司法書士などが職務上請求する場合を除き、請求者は請求事由を明示しなければならないものとするとともに、その請求が不当な目的によることが明らかな場合には、交付を拒否できることとしている(戸籍法10条・10条の2)。[高橋康之・野澤正充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の戸籍謄本の言及

【謄本】より

…内容の全部を写している点において,内容の一部を写しているにとどまる抄本と異なる。戸籍謄本(戸籍法10条),登記簿謄本(不動産登記法21条,21条の2,商業登記法11条),公正証書謄本(公証人法51条),訴訟記録の謄本(民事訴訟法91条)などがその例である。また手形の謄本(手形法67条。…

※「戸籍謄本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戸籍謄本の関連キーワードリーガルウェディング戸籍謄本/戸籍抄本戸籍不正取得事件部落地名総鑑問題比例ブロック名簿市場化テスト本人通知制度レターパック結婚相談所独身証明書海外旅行養子縁組海外挙式婚姻届八士業

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戸籍謄本の関連情報