コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所宛/所充て トコロアテ

デジタル大辞泉の解説

ところ‐あて【所宛/所充て】

平安中期から鎌倉時代、諸官司や諸官寺の別当を任命して職務・行事の担当をきめたこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ところあて【所宛】

所充とも書く。平安中期から鎌倉時代にかけて,朝廷,院宮,摂関大臣家で行われた,別当を補任する儀。(1)朝廷 殿上所宛と官所宛がある。(a)殿上所宛は,除目(じもく)ののち内裏清涼殿の殿上間で,摂関以下の公卿,弁,蔵人,近衛官人など殿上人を,諸司・所々諸寺の別当に補任する儀。担当の上卿は,まず別当の闕否を弁に注進させ,先例に依拠して闕を補充し弁に土代(原案)を作成させる。ついで上卿は土代をもとに殿上で天皇,摂関の裁可をうけて所宛定文を作成し,弁から史に下す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の所宛/所充ての言及

【別当】より

…9世紀(とくに末期に集中的)に設置されていった蔵人所所管の天皇家政諸機関(内舎人所,進物所,楽所など陣中所々)でも公卿,蔵人(頭)らが別当に補任された。寛平~延喜初年(9世紀末~10世紀初)から,公卿,蔵人(頭),弁,史らを令制諸官司,陣中所々,諸大寺有封寺の別当に補任する殿上所宛(ところあて),官所宛が行われ,朝廷の儀式・行事は,陣定(じんのさだめ)の決定や天皇,摂関,上卿の指示のもとに,関係諸司の別当が所管官司を指揮監督して運営されるようになった。(5)家司(けいし) 親王家,三位以上家の家政を担当する家司の上首。…

※「所宛/所充て」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

所宛/所充ての関連キーワード岩井俊二

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android