コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中宮職 ちゅうぐうしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中宮職
ちゅうぐうしき

律令制下中務 (なかつかさ) 省に属した中宮づきの役所。しかし,平安時代以降になると二后並立から,中宮という別のものができた結果,中宮は,太皇太后職,皇太后職,皇后職と並列する形となった。長官 (かみ) である大夫は四位相当であるが,のち納言などが兼ねた。 (→紫微中台 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中宮職【ちゅうぐうしき】

中務(なかつかさ)省に所属する令制官司。天皇の即位に伴って皇太夫人(こうたいぶにん)(中宮)になった人のために設けられ,藤原宮子(聖武天皇母)・高野新笠(たかののにいがさ)(桓武天皇母)などに設置された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうぐうしき【中宮職】

令制官司の一つ。中務省に所属し,中宮の伝達命令の執行機関として設置された。皇后宮職の例からみて,中宮の家政的な実務も執行した可能性がある。職員は大夫1人,亮1人,大進1人,少進2人,大属1人,少属2人を官人構成としてもち,その下に舎人,使部,直丁,奴などを配置していた。奈良時代,平安初期では天皇の即位にともなって皇太夫人=中宮になった人に対して設けられ,恒常的に設置されていたものではない。藤原宮子(聖武母),当麻山背(淳仁母),高野新笠(桓武母),藤原順子(文徳母),藤原明子(清和母),藤原高子(陽成母)等に設置された例が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうぐうしき【中宮職】

律令制で、中務なかつかさ省に属し、皇后・皇太后・太皇太后の三宮の行啓・令旨・行事などをつかさどった役所。なかのみやのつかさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中宮職の言及

【皇后】より

…言辞は令旨,臣下より皇后に申すのは啓,出行は行啓,敬称は殿下(明治以降は陛下)と称するなど,皇太子の待遇に通じるものもある。
[付属職司の変遷]
 令制によると,皇后は太皇太后,皇太后とともに付属職司として中宮職(しき)を充てられ,大夫以下の官人が奉仕すると定めている。しかし聖武天皇の生母で皇太夫人藤原宮子に中宮職を付属させ,安宿媛の立后に当たって,新たに皇后宮職を設けて以来,平安時代中期までは皇太夫人に中宮職を,皇后には皇后宮職を付属させた。…

※「中宮職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中宮職の関連キーワード嗇・嘱・囑・拭・植・殖・燭・織・職・色・蝕・触・觸・食・飾皇后(天皇の嫡妻)職(官司)待賢門院職の曹司宜秋門院大宝律令和気広虫上東門院后の宮職養老律令令外官紀家守職曹司大宮院宮大夫四宮職行啓宮司官稲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android