コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手塚縫蔵 てづか ぬいぞう

1件 の用語解説(手塚縫蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手塚縫蔵 てづか-ぬいぞう

1879-1954 明治-昭和時代の教育者。
明治12年1月12日生まれ。長野師範(現信州大)在学中に受洗。郷里の長野県で教職につくが,病気や主張の対立から休退職をくりかえす。この間東京の神学社でまなぶ。明治44年人格主義教育をめざす東西南北会の結成に参加。大正5年から松本聖書研究会を主宰した。昭和29年8月16日死去。75歳。
【格言など】教育は教師にあり。人格と人格の接触においてのみ教育はあり(信条)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

手塚縫蔵の関連キーワード織田純一郎ドンケル=クルティウス変朽安山岩教育令沖縄(県)刑具紙幣整理尚氏電球琉球処分

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone